クラウドソーシングを初めて2年ほどになりますが、最初は小遣い稼ぎの感覚でしたが今では毎日少ない時間でもパソコンに向かって文章を作成しています。

今まで作業した件数は1800件になるので多いのか少ないのかわかりませんが毎日コツコツ積み上げた結果が形に残りるのでやりがいがあります。はじめたころは自分が書ける仕事の案件がすくなかったのですが、日記形式の内容だけは好きでしたので毎日のように書いています。

ブログなどしていないので仕事することで毎日の生活をふりかえることができ、逆に少し変わったことをしないと内容がつまらないので行動を意識するようになってきました。

ここで少しずつ長い文章が書けるようになってくるとそこそこ自然に書く内容が浮かんでくるのですらすらかけるようになってきました。国語が苦手でしたが進歩していることを実感できてきています。

日記から少しずつ得意分野が増えてきていますが、旅行関係の仕事は家族でよく出かけるので好きな分野になっています。旅行での体験だけではなくその土地の歴史や文化もある程度知らないと書けないのでネットや本で調べて間違っていないか確認をとるようにしています。

そのため意外と時間がかかりますが旅行での想い出を文章にすると楽しかったことが振り返ることができるのでお勧めできます。

好きな本や映画、漫画の募集もあり特に本の時は書棚からもう一度読み直してから書くようにしていますが、学生時代に読んだ記憶と印象が異なることも多くあらためて知ることができ勉強になります。

クラウドソーシングは自分のペースでできるので調子の悪い時や書く内容が浮かばないときは無理をしないで気長にやろうと思っています。
時々家電を調べる案件をみつけることがありますが、家電をよく購入しているのですらす書くことができ調子を取り戻せますが、意外に多くの家電を買い続けていることに驚くこともあります。

理系出身なので文章を書くことがあまりすきではありませんでしたが、クラウドソーシングを初めてから自分の考え、経験を他人に文章で伝える楽しみがわかってきました。自宅でいつでも手軽にできるので今では暇になるとパソコンの前に向かってキーボードに打ち込んでいます。キーボードの記号の印字も薄れてきていてAという文字は完全に消えています。それだけこの文字を打ち込んでいるのかがわかります。

ローマ字変換なのでわかるような気がしますが、次に薄れているのはKなので本当かといわれると自信はありません。

お金があれば、家族に車を購入する時には反対されにくくなるのではないでしょうか?

親、妻に車購入を反対された時のおすすめの解決策!

こういった反対解決策を使うことも一つですし、逆に圧倒的にお金を稼ぐ事も一つの方法なのかもしれません。